ご挨拶

1+1を2以上の力に

足谷 保典
代表 足谷 保典

IT技術の発展と共に私たちの生活はますます便利で豊かなものになりつつあります。

今や、その技術なくしての生活は考えられないものとなってきています。

しかし、全ての人がその恩恵を享受できているかと言えば必ずしもそうではないと考えいます。

もちろん活用したくない人に無理に活用を促す必要はないと思っています。

一方で活用したくても活用ができない人や企業・団体等も少なからずいるのも事実です。

私どもはそういった方々の力になれればと思っています。

私は以前、コンピュータシステムの導入により、仕事量が減って人が不要になるのが心配でありました。

しかし、いくつか仕事させていただく中でその考えが間違いであったことに気づかされました。

人を減らすのではなく配置換えすることで、よりその人の能力を活かすことができ、 生産性が向上したことや障がいのある方でもやりがいを持って仕事ができるようになったりした事例もあります。

このような姿を拝見させていただき結局はシステムは人のための単なる道具であることを改めて痛感いたしました。

どんなにIT技術が進歩しようともそこに人がいることを忘れてはならないと思っています。

単に技術や知識のみを提供するのではなくその先も見越して仕事をさせていただくことを心がけています。

そのためには直接会って様子を拝見させていただいたり、お話をお伺いさせていただくのが一番だと考えております。

今や、情報化社会で欲しい情報がいつでもどこでも手に入れらる時代になってきています。

とても役立つ情報も多くある反面、情報の信憑性も乏しい場合も多く、背景が全く語られず手法のみが公開されている場合が多々あります。

何のためにそれをするのか。あるいはどういった事情でそれをするのか。物事には必ず背景があります、それを無視して成功者のまねを行っても絶対に成功しません。

まずは目的と目標を明確化することが大切であると考えます。 それらをもとにして現状からどのような道筋を組み立てていくことがいいのかを一緒に検討するお手伝いさせていただければと考えております。

よくシステムができるとパソコンがなんでもわかると勘違いされることが多々ありますが 医者にも専門性があるようにウェブ業界もさまざまな分野があり、それぞれ得意分野があります。

私どもですべての仕事ができるわけではありません。 しかし、医者にも紹介状を書いたりと言うシステムがあるように私どももより専門性が高い人を紹介をさせていただくとも可能です。そのために普段から情報交換を積極的に行うよう心がけております。

私どもはウェブシステムの開発を得意としておりますがあなた(の会社)は何を得意とされていますか? お互いに協力し、補い合うことで1+1が2以上の力にできればと思っております。

それぞれの持ち味を生かし、活用していくことでよりよい社会を築いていきたいと考えています。

どんな些細なことでもまずは気軽に相談していただける。 そんな町医者みたいな存在を目指しております。

今後ともご愛顧のほど宜しくお願い致します。

未来創造 代表 足谷 保典